今回は!

今回のお宅は古材の梁が入ります。

 

現場が始まる前に、梅さんと取りに行って来ました!!

 


 

古材の定義は、築70年以上の古民家から採取される良質な木材を意味するようです。

 

この材はクリアしていますよ。

 


 

現場では、吹抜けにドンと構えています。まだ仮置きですが。

どのように仕上がるか楽しみです!!

 

大川

 

toukuri について

自然素材と薪ストーブの工務店、静岡県東部・三島・沼津・長泉町・清水町・函南町・裾野市・伊豆で薪ストーブや地域材(伊豆若草石・富士ひのき・伊豆の木)や国産の木(相生杉やクリ・クスなどなど)、古材のある家をご提案!
カテゴリー: かえりたくなる家!, とうくりの家, ブログ, 現場ナウ! パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です