さわらの神居木

先週、嫁ママのTomちゃんと、
2年半ぶりの遠出をしてきました。

中山道を辿って妻籠宿まで歩いてみようと
三島から始発のこだま、名古屋からワイドビューしなのを乗り継いで
行きたかった馬篭宿へ。


 

 

途中、山の神様(あるいは天狗)が腰をかけるといわれる
神居木(かもいぎ と読むそうです)のサワラの大木に出会いました。


樹齢は300年を越え
両側の、腕のように伸びた枝が、腰をかけるといわれる所以。
「切ったり倒したりすると祟られる」と
杣人(そまびと=きこり)はこの神居木の下を通ることも嫌がると
言い伝えられているそう。(木曽森林管理事務所の立て看板から)
風呂桶や飯台に使われるさわらですが
この大木で300台の風呂桶(手桶ではないですよ!)ができるそうです。

宿場の手前では、
昭和9年に建てられたという「妻籠発電所」を見つけテンションアップ!

アーチ型の木製窓がかわいい!



レトロな佇まいですが現役の発電所だそうですよ!

 



雨上がりの曇天の一日でしたが、
熊避けの鐘がところどころに設置され、
行き会う人もあまりない森閑とした中山道を
古の旅人になったような気分で
満喫できました。


さわがに君に見送られ
その日のうちに三島に帰着!

翌日の筋肉痛も
旅の思い出です。

長谷川

 

 

toukuri について

自然素材と薪ストーブの工務店、静岡県東部・三島・沼津・長泉町・清水町・函南町・裾野市・伊豆で薪ストーブや地域材(伊豆若草石・富士ひのき・伊豆の木)や国産の木(相生杉やクリ・クスなどなど)、古材のある家をご提案!
カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です