使う目的は一緒でも

元は既製品の洗面化粧台。
大きめボウルと大きな鏡、
下部には扉つきの収納がある
オーソドックスなタイプです。
これを撤去し
奥行き目一杯に、2メートルのカウンターを設置します。


そこへ、
理科室などで使われる
「実験流し」という陶器製のシンクを埋め込みます。


直接ついている臭気止めのトラップのワンも陶器製。
シンクの深さは約20センチ。
水ハネしにくい、機能重視の洗面ボウルとして使用します。
水栓は、シンクの角も洗いやすいハンドシャワータイプ。


正面の壁はアイデア次第でどうにでもできます。
このあとの、鏡や収納棚などの造作は
お施主様が趣味と実益を兼ねて
楽しみながら作業するそう(^^)

既製品とはまた違った魅力が
毎日の暮らしのスパイスになりますね!

長谷川

toukuri について

自然素材と薪ストーブの工務店、静岡県東部・三島・沼津・長泉町・清水町・函南町・裾野市・伊豆で薪ストーブや地域材(伊豆若草石・富士ひのき・伊豆の木)や国産の木(相生杉やクリ・クスなどなど)、古材のある家をご提案!
カテゴリー: そうだ、リフォームしよう!, ピンポイント リフォーム, ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です