ストーブの準備は万端ですか?

リフォームOBのT様邸にお邪魔したところ
ストーブメンテに訪れた松井さんたちとバッタリ(^^)
しばらく、プロのメンテナンス風景を拝見させていただきました。

手際よくばらします



 

こちらのT様、
ドブレ製のストーブが設置されたリユース住宅を購入後、
「ついてたから使っていた」と
約15年以上、ノーメンテ・生木燃しをしてきたという
驚きの告白。


・内部のセラミックは崩れて欠け
・ヒンジが折れて閉まりきれないドア
・逆さに施工され煤が落ちてくる煙突
等など列挙したらきりの無い状態のストーブを、
リフォーム工事をきっかけにアンコールに交換し、
薪の作り方、使用方法、メンテナンスの仕方などを
しっかりとお伝えしました。

あれから4シーズンをアンコールと共に過ごされ
使い方は◎!


 

煤の溜まり具合も「OK!」とのことで
安心して今シーズンを迎えることができます。

薪ストーブをご利用中の皆さん、
ファイバーロープなどの消耗品も含め、
安心して使うためにもしっかり点検して
楽しい冬を迎えてくださいね!

長谷川

toukuri について

自然素材と薪ストーブの工務店、静岡県東部・三島・沼津・長泉町・清水町・函南町・裾野市・伊豆で薪ストーブや地域材(伊豆若草石・富士ひのき・伊豆の木)や国産の木(相生杉やクリ・クスなどなど)、古材のある家をご提案!
カテゴリー: ブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です