煤竹手摺!

OBさんのお宅の吹き抜けに煤竹の手摺を追加してきました。

 

掴まり立ちを始めた、お子さんがおり、隙間が少し不安とのことで。

 


 

一段目と二段目の間に取り付けました。

 


 

そもそも煤竹(すすだけ)とは、古い茅葺き屋根民家の屋根裏や天井からとれる竹のことなのだそうです。そして、煙が多く当たった場所とそうでない場所の濃淡が出て美しい表情が出ます。

 

とてもマッチしていました。

お施主さんも気にってくれて何よりでした。

 

大川

toukuri について

自然素材と薪ストーブの工務店、静岡県東部・三島・沼津・長泉町・清水町・函南町・裾野市・伊豆で薪ストーブや地域材(伊豆若草石・富士ひのき・伊豆の木)や国産の木(相生杉やクリ・クスなどなど)、古材のある家をご提案!
カテゴリー: とうくりの家, ブログ, 現場ナウ!, 素材 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です