木もいろいろ

とうくりの造る家は「木」がいっぱい!
一軒の家を形作るのに、
少なくとも、3種類以上の木が使用されています。

私ん家!に使われているのは
構造部分にひのきと米松、造作にひのきと杉、家具やカウンターに杉と楠。

私の杉好きを知っている、
大工のひろさんが気を利かせてくれて、
リビングの目立つ場所へ
きれいな赤身の巾木を付けてくれました。


玄関の脇に付けた鍵のプレートも、紅白の杉!


手彫りした表札ももちろん杉!!


そんな、
公私に渡って木に囲まれた環境で日々暮らしていますが、
製材された木の種類を覚えるのはなかなか難しい。

 


きれいに並んだ9本の木
さて、この木々の名前、わかりますか?
凄くよく特徴が出ています。
といっても、
私も5本しか当たりませんでしたけどf^_^;

この答え、
知りたい方は、
今日開催の、「楽寿園七夕祭り」とうくりブースへ聞きに来てください!
正解、お教えします!

お待ちしてまーす!!

長谷川

 

 

toukuri について

自然素材と薪ストーブの工務店、静岡県東部・三島・沼津・長泉町・清水町・函南町・裾野市・伊豆で薪ストーブや地域材(伊豆若草石・富士ひのき・伊豆の木)や国産の木(相生杉やクリ・クスなどなど)、古材のある家をご提案!
カテゴリー: とうくりの家, ブログ, 私ん家! パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です