「適材適所の羊さんの家!」ができるまで  現場ナウ!

 

この「現場ナウ!」は、お施主様の承諾をいただいて開設しております。
施工事例はコチラ!

 

 

「 計 算 通 り  ! 」

 

今年の冬は、寒いですね!

薪ストーブもぼちぼちベテラン?になってきましたTさん

 

 

今年のお正月は、本当に暖かかった!

とおっしゃってました!

 

うらやましい!

 

冬ですので、太陽高度が低くなっています

住宅の密集地では、日が入りずらいと思います。

こちらのお宅も、同じく・・・・

ですが!

当初の計画時より

日は、上から入れるとしていましたので

 

2階の窓から、吹抜けを通って

明るい!

中の写真を忘れました・・・・

計算通り!

 

 

 

 

『 畑 』

 

先日、お客様を内覧させて頂いた時

現在作成中の畑に

んっ?

 

イチゴです!

 

早速、収穫したイチゴを

いただききました!

美味しかったです!

 

次ぎはなんだろ?

スイカかな?

 

 

 

「 W お 住 ま い 探 訪 」

 

杉の床や

 

梁が、ほんのり良い色に

経年進化してきました

これからどんどん風合いがましていきます!

 

本日は、別々に2組の方が内覧に来られました

 



薪小屋、検討会


お忙しいところを、本当にありがとうございました。

体感しなきゃわからない、心地良さ!

2組の方、満足されていらっしゃいました

 

 

 

 

「 1 年 点 検 」

 

1年点検です。

一生懸命点検したので

写真を撮り忘れました・・・・

 

点検後、オリーブの移植をしたい!

ということで

移植職人?   山下登場!

地面の下って、結構楽しい!?

 

吉野杉の雨水タンクが、大活躍!

 

大きくなあれ~

 

じゃ~ん!

 

枝は、挿し木にしてみました・・・・

大きくなあれ~!

 

 

 

「入居後1年の内覧会&薪ストーブ教室」

約1年暮した『羊さんの家』を

暮らし方そのまま見せていただく、内覧会

同時に薪ストーブ教室を開催させて頂きました。

完全予約制にもかかわらず

沢山の方にご来場頂きました!

住んでいる施主さんに直接いろいろ聞ける見学会です!

「ワクワクの家」のOBさんも1日お手伝いに来て下さいました!

 

1年経って、経年進化した杉の床や

薪ストーブクッキングの美味しさを体験してもらいました

 

薪割り体験も

先生は、「ワクワクの家」の奥様!

最後はOB会となりました!

 

ご来場の皆様、お施主様、OBの皆様

本当にありがとうございました!

 

 

「 炬 燵 」

もうすぐ、ご入居から1年となります。

そこで、


入居後1年の内覧会&薪ストーブ教室

を開催させて頂けることになりました!

「チルチンびと」に掲載されているこのお宅を

生で見れる!  しかもお施主さんに直接話しが聞ける!

薪ストーブ教室もある!

という贅沢三昧です!

 

打ち合わせに行って来ました

朴の木の手造りコタツもなじんで

いい味になっています!

訪ねてこられる方が

ホッとすると言って帰られる

そんな気持ち良いお宅

 

ぜひ体感しに来て下さい!

予約制です!


 

「1組だけのお住まい探訪」

 

先日、お住まい探訪で内覧をさせて頂きました!

内覧までに少し時間があったため

ダンナさんは、薪割り!

割っているのは、先日のわさび田のあまりの樫

なかなか強敵でした・・・・

一息ついて、とうもろこしをご馳走になりました!

ちゃぶ台にとうもろこしに薪ストーブ!

まったりした時間が嬉しいです!

 

さあ、内覧スタート!

そのまま続きで、まったりとした雰囲気を体感して頂きました!

 

1階を眺めながら、奥様が説明してくれました!

 

お休みで、しかも前日わさび田の薪狩りだったのに・・・

ありがとうございました。

 

 

「 薪 情 報 」

 

先日、お施主さんから薪情報を頂きました!

さっそく一緒に下見に!

 

 

その前に・・・・・

 

 

みんなで、ランチ!ランチ!

 

 

そして、いよいよ薪!薪!薪!

なんと! 樫の木です!

火持ちがいいですよ!

 

この上なんですが・・・・・・・

 

さて、どうやって下ろすべ・・・・・

 

T様、お付き合い頂きまして、ありがとうございました!

 

 

「 煙 突 掃 除 」

初めての煙突掃除のお手伝いに行ってきました

そんな簡単に出来るの?

 

まず、煙突を外します

 

次にシャコシャコします

 

次に

外した煙突を

 

シャコシャコします

すすです

 

次に、ストーブを掃除します

 

そして、煙突を取り付けます

 

採れたすすです

 

最後に、たまった灰を

畑に戻します

いい土になります!

薪ストーブって、捨てるところ無いでしょ

 

以上、煙突掃除でした

Tさん、お疲れ様でした

来年からは、大丈夫ですね!

 

 

「 靴 脱 ぎ 石 」

濡れ縁から降りるのに、靴脱ぎ石が欲しいとおっしゃっていまして

何が良いか考えました!

今は、伊豆石の薄いのを置いてますが、

先日の薪の搬入の際に池田が角を割ってしまいました・・・・

 

そこで、やっぱり伊豆石でしょ!

ということで

 

 

わかります?

 

こんな感じです!

 

これです!

伊豆石のかたまり

90kgぐらいあります・・・・

山下と二人で、フウフウでした

でもカッコイイ

なかなか、お目にかかれないですよ!

 

 

「 1 ヶ 月 」

お引渡しから1ヶ月たちました

お引渡しのときには、まだ草のようだった植栽も

 

花が咲いたり、成長してます!
草は、草ですが・・・・・

 

芝生も青くなってきました!

 

そんなある日

お客様をご案内させて頂きました

和室とリビングの段差の確認や

ホウの木のコタツを見せて頂き

直接お話しをして頂き、

納得して頂きました

暖かいというより暑い日でしたが

予定通り?

リビングに気持ちよい風が吹き抜けていて

なんか、懐かしい

ホッとするお宅になっていました

T様、ありがとうございました。

 

 

 

 

「 い よ い よ お 引 渡 し 」

 

楽しい住まい造りもいよいよ最後

これからは、楽しい暮らしのお手伝いになります!

 

設備やいろいろな物の取り扱い説明が終わり

 

いよいよ、お引越し!

 

 

まず最初は神様がお引越し!

 

そして、始まります

お引越しが始まると、ちょっと淋しい感じが襲ってきます

見慣れた現場が、暮らしの場になっていきます・・・・・

 

古材も

 

箱根ひのきの大黒さんも

 

相生杉の床も

 

伊豆ひのきのキッチン、ひのきっちんも

 

長良杉の階段も

富士ひのきも

 

これから何十年も、お施主さんと時を刻んでいきます

 

ワクワクだけどちょっと淋しい

でも、嬉しい!

そんな、お引渡しです

 

Tさんこれから、一生のお付き合いになります

よろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

「 完 成 見 学 会 」

 

完成見学会です!

天気が悪い中たくさんの方にご来場頂きました!

ありがとうございました。



初めての火入れ

みなさん薪ストーブを囲んで、まったり



いろんなご質問を頂きました

たまたま、とうくりOBさん勢ぞろい!

 

お施主さんも2日間ホスト役、ありがとうございました

 

 

見学会終了後、

外構工事や薪小屋の工事です

 

外構工事もお引渡しにむかって

着々!

 

 

 

 

 

「つづけて・・・・」

吉野から、吉野杉で作った「雨水利用タンク」が到着しました


いよいよ見学会です!

 

その前に、

大事な大事な

 



行政の完了検査です



この梁何年前の? なんて・・・・



 

無事に合格!

 

そのまま、つづいて見学会の準備です!

明日が見学会だったりして・・・・・・

 

伊豆のホウの木で作った「コタツ」も到着

 

 

そして、夜は更けていくのであった・・・・・

明日が楽しみ!

 

 

 

「 着 々 々 」

 

畳が入りました!

この畳、畳床は滋賀産、畳表は熊本産です!

畳の下にチラッと見える下地は、

伊豆産の杉!

オール国産!

 

土間もヌリヌリが始まりました

コチラのお宅の玄関とポーチは

修学院離宮の「一二三石」風

かわいいです!

 

 

見学会では、薪ストーブに火を入れるため

試し焚きを・・・

初めての試し焚きを、

私がやって良いものだろうかと思いながら

じっと火を見る!

 

 

 

「 黒 い 御 影 も や っ て き た ! 」

 

もうすぐ、完成見学会!

見学会にむけ着々と工事は進んでいます

このお宅、薪ストーブの真上の廊下に半分穴が開いていました

そこに、黒い御影石がやってきました!

かっこいいでしょ!

煙突周辺のため、木ではちょっと・・・・・

ということで、石屋の本領発揮です!

薪ストーブが暖まると、石もほんのりあったかくなります!

 

外構工事も始まりました!

楽しみです!

 

 

「 薪 ス ト ー ブ が や っ て き た ! 」

いよいよ薪ストーブがやってきました。

 



じゃ~ん!



 

アメリカのバーモントキャスティング社

アンコールです

超高性能、薪ストーブで165kgあります

 



オリャー!



設置よ~し!





シングル煙突設置よ~し!



すべてよ~し!


 

楽しい薪ストーブライフの始まりです!


 

 

「 仕 上 げ 」

いよいよ現場も追い込みに入ってきました

このお宅、内装壁で一部伊豆の杉を貼りましたが

他は、全部伊豆若草漆喰塗り、

さらに、キッチンと洗面の天井も伊豆若草漆喰です

建具には和紙を貼りますので

ビニールクロス  ゼロです!

 

伊豆石も完成

 



迫力あります



 

裏側に薪ストーブの熱を蓄熱、放熱させるために

一部厚い伊豆石を組みました!

 

 



蓄放熱伊豆石です



 

 

大工の親方も最後の仕上げ

なにを作っているのでしょうか?

 

こたえ

神棚の雲でした

この神棚も伊豆ひのきの無垢です!

着々と仕上がっていきます!

 

 

 

「 伊 豆 石 」

 

薪ストーブの炉台の伊豆石が貼られています

このお宅、薪ストーブの後ろにもお部屋があります

そこで、伊豆石で後ろのお部屋に

遠赤外線放熱プロジェクトとなりました

伊豆石は低い温度で遠赤を出します

この性能を利用!

これ実は、かなりの効果があります!

過去に実証済みです!

見学会に午後にご来場の方は体感できるかも!

 

キッチンもできてきました

伊豆ひのきで造りました!

 

外壁には、富士ひのきが貼られてきました

完成に向け、みんなひた走っています!

 

 

「 壁 塗 り   お 施 主 様 施 工 ! 」

 

内装壁は伊豆若草漆喰です!

今日は、とうくり恒例の「壁塗り大会」です!

 

マスキングからやります!

そして、ヌリヌリ開始!

自分の家を自分で塗る

なんて贅沢なんでしょう!

その横で、プロがヌリヌリ・・・・

 

そして、完成

味があっていいですね!

あなたも、塗りませんか?

 

 

 

「 外 壁 の 仕 上 げ 」

 

煙突ができました!

 

そして、いよいよ外壁の上塗りです!

そして、さらに「掻き落とし」という作業を行います。

これは、塗った外壁をブラシのようなもので

呼んで字のごとく、掻き落とします・・・・ 説明が下手でスイマセン

こんな感じ

 

昔は、リシン掻き落としが一般的でしたが

今はなかなかお目にかかれなくなりました

こちらは、2.5万年前の火砕流(ソトン壁)掻き落とし!

掻き落とす前は

 



こんな感じ



 

これを掻き落とすと

 

 

いい味が出てるでしょ!

かっこ良いですよ!

見学会をお楽しみに!

 

 

 

「 大 工 さ ん の お 仕 事 - 2 」

 

いよいよ、現場も後半に入ってきました!

大工さんも気合が入ってます!

 

 

気合が入ると

こんなかわいい棚もホイサッ!と作ってしまいます!

この棚、床材の相生杉で作りました

 

水まわりには湿気に強い材料を

 



水に強い「能登ひば」です!



 

 

そして!

伊豆で採れた「クスの木」の1枚ものが3枚やってきました

この子達は、どんなになるのでしょうか?

見学会で見つけてあげて下さいね!

 

 

 

「 外 壁 と 階 段 」

いよいよ外壁が塗られてきました

まずは、下塗り

 



モルタルみたいですが、火砕流です!



 

そのころ中では、

大工さんが階段を

この階段「杉」です

岐阜の長良杉です

キズはつきますが、足触り最高!

 

実はこのお宅、

できる限り のりやボンドを使わないで造ってます

手間かかってます!

隠れてしまうんですが、

昔ながらの技が、いろんなところに散りばめられてます!

大工さん、口ではブーブー言いながら

凄く楽しそうにやってました!

ワクワクしてきますね!

 

 

 

 

「 外 壁 」

 

外壁の前に、

あじのある「古建具」でしょ!

このお宅のどこかに付きます!

見学会で探して下さいね!

 

 

さて、外壁にフェルトが貼られました

そして

「リブラス」が貼られてきました

いつもの光景です

この後モルタルが塗られて・・・・・

 

 

今回は、ここからがちょっと違います!

塗りますが、塗るものが違う!

 

2万5千年前の火砕流を塗ります!

???

そうです、「白州ソトン壁」という塗り壁です!

なんと、「防水」+「調湿」性能がある

驚きの塗り壁です、

色もいい色で、今から楽しみです!

 

 

 

 

「 構 造 見 学 会 ! 」

とうくりの家の床は、「杉」の板です

いつでも体のどこかが触れている床は、

温かく、気持ちの良い素材がうれしい!

1階の床は、四国・徳島の「相生杉」

樹齢60年以上の厳選された杉だけが床になれます!

その確立は、山から採れる杉の中の10%だそうです!

さらに、厚み4cmで乾燥させて、暴れるだけ暴れさせてから

3cmに再加工!  手間がかかってます!

 

そして、選び抜かれた杉たちがやってきました

杉の床が貼られると、いよいよ

 

構造見学会です!

90年前の地元の松の梁や杉の床

羊毛断熱や耐震等級3などなどなど

完成してしまうと隠れてしまう部分を

ご覧頂きたい、お伝えしたい、体感していただきたい!

 

 

 

しかし、初日は雨・・・・・・

しかもメッチャ寒い・・・・・

 

 

 

 

 

なのに

沢山のご来場、ありがとうございました。

みなさん、興味深々!

本当に沢山の方とお話しをさせていただきました

お施主さんも2日間、ご説明係をして頂き

本当にありがとうございました!

みなさんの楽しい家造りのお役に立てたかな?

 

 

 

「 大 工 さ ん の お 仕 事 - 1 」

 

土佐から栂(ツガ)がやってきました!

 



きれいでしょ!



 

200年生以上の木しか床材には出来ません!

200年以上生きてきた木の床が玄関でお出迎えします!

 

外壁の下地も出来てきました!

 



伊豆の杉の木摺りです!



中からあらし!

きれいでしょ!



 

とうくりでは、合板は出来るだけ使わないようにしてます!

 

杉の板が壁の中も調湿してくれます!

だから、結露もこわくな~い!

 

そして、いよいよ中間検査です

 



フムフム!



パシャっとな!(写真撮ってます)



 

無事合格です!

 

2階の床ができてきました!

 



ピタッとはまります!



 

こちらのお宅の2階の床は、

静岡県の杉が3層構造になっている

「Jパネル」です!

強いんです!   耐震性up!です

 

1階の天井は、2階の床です!

 



Jパネルです!


養生で隠れてしまう前に

お施主さんにもお披露目です!

 



お施主さんもニッコリ!



 

 

 

 

「 羊 さ ん た ち が や っ て き た ! 」

いよいよ、オーストラリアから「羊さん」がやってきました!

 



メエ~! (それはヤギです・・・)


羊毛断熱です

「さわってごらん、ウールだよ!」

ウールの服は、空気が沢山入っていて暖かいですよね!

火をつけても燃え広がらないですよね!

濡れても乾きますよね!

化学物質が含まれてませんので安全ですよね!

みんなが知っている素材の断熱材です!

 



床の羊さんです


これは知っていますか?

ウールは、周囲の湿度を55%に保ちます!

杉の木摺りとウールの調湿で

壁体内結露もこわくない!

大工さんも施工時に有害なものを吸い込まないので

住む人にも、造る人にもやさしい!

優れものでしょ!

 



壁の羊さんです


羊さんにつつまれて暮らす家

いいでしょ!

 

 

「 シ ロ ア リ 」

シロアリには、大きく

「ヤマトシロアリ」と「イエシロアリ」がいます

最近、は「アメリカカンザイシロアリ」という外国のものも来ていますが・・・

シロアリの対策は大事ですね!

鉄骨造でも木部があれば狙われます

シロアリ被害の大部分は「ヤマトシロアリ」です

シロアリ対策! 防蟻処理です!

とうくりの防蟻剤は、天然成分です

除虫菊の成分からなる、人にやさしい薬剤を使用します

防蟻完了です!

 

シロアリは湿気を好む! と言われていますが

余り関係ないそうです・・・・

お日様があたる「外」を嫌い「内」を好むそうです

風はきらいだそうです

床下を外と判断させれば、シロアリは来ない!ということです

難しいですね・・・

外と内の判断の境界はウッドデッキ下だそうです

とうくりの濡れ縁やデッキは、

シロアリに「外」と判断させる工夫がしてあります

今度、見学会で探してみて下さい!

 

 

 

 

「 耐 震 」

金物が取り付けられてきました

とうくりの家の耐震等級は

みんな、最高ランクの「3」です

 



筋交いもガチッ!


これらの金物は、力のかかり具合で強度がみんな違います

これも、耐震の計算からでてきます

丈夫な家は金物と耐力壁(筋交いのことです、

とうくりは極力合板を使いません)だけでは、ありません!

2階の床の強度も大事です

そして、なにより家の・力の・強度の

バランスが一番大事となります!

 

何事もバランスですかね!

 

 

 

「 上 棟 - 2 」

屋根が出来上がってきました!

 

みなさん、お疲れ様でした!

 



無事、上棟です!


 

 

「 い よ い よ 上 棟 ! 」

 

上棟です!

あいかわらず、ワクワクします!

 



太さ24㎝の箱根ひのきの大黒さん


 



古材も組まれました!



大工さん達の見せ場です!



かっこいいですね~!



大屋根

このお宅大屋根なんです!


 

屋根まであっという間に組みあがっていきます!

職人技ですね!

在来工法はやっぱり、日本の文化!

日本の家が一番ですね!

 

 

「 上 棟 ! 」    そ の 前 に

 

あるご縁がありまして

「古材(kozai)」を入手することができました!

 

この材料、伊豆の「地松」だそうです

 

大正11年に上棟されたもので、

90年前のものです

燻されて、いい色になっています

保存状態も良好!

 

さっそくお施主さんにご相談!

 

祝! ご採用!

 

こんな感じで架けられます

新しいものと、古いものが融合した

ステキなお宅になりそうです!

 

 

「 基 礎 工 事 - 2 」

検査も終わって、いよいよコンクリ打ちです

晴れますように!

 

枠が外れて、全貌が現れました!

 

このお宅も、薪ストーブがあります!

炉台の下はガッチリと固めます!

 

 

「 基 礎 工 事 - 1 」

 

いよいよ基礎工事です!

 

 

そして、配筋!

 

凄いでしょ

耐震等級「3」の配筋です!

鉄筋の太さやピッチも

耐震計算で決まります

お宅によって、力のかかる場所はそれぞれ違いますので

オーダーメイド配筋?です

 

天候にも恵まれ順調に進み

いよいよ、配筋検査です

無事合格

当たり前ですが、やっぱりドキドキします

 

 

「 地 盤 改 良 」

 

地盤改良です!

このお宅は、柱状改良です

 

1階が大きいお宅ですので

本数があります!

でも、一番大事なところですので

しっかり

 

無事、終了いたしました!

 

 

「 地 鎮 祭 」

いよいよ地鎮祭です、

前の日が雨・・・・

テントの準備!

雨の地鎮祭は、だいぶ慣れました・・・・

 

ところが、

晴れました~!

やっほ~!

 

ひさびさの晴れの地鎮祭でした

これからいよいよ工事が始まります!

楽しい家造りをしていただけますように

頑張ります!

 

 

 

「 調 査 」

調査です!

こちらの敷地、

地盤調査の前に、

遺跡調査が入る可能性があるんです・・・

基礎の範囲や深さがわかる図面を持って

いざ、教育委員会へ!

結果は

「調査はしないで大丈夫ですよ」とのこと!

 

それでは早速「地盤調査」です

 



グリグリ!


とうくりの地盤調査は「スゥェーデン式サウンディング試験です」

手動式と機械式がありますが

もちろん手動!

土の中のガリガリやシャリシャリが手に伝わり

土の中のことが良くわかるそうです!

 

1本目、

地盤は良好!

念のためもうちょっと

あれ?

硬い地層のしたに柔らかい層がありました

結構深くまでいってしまいました・・・・

そういえば、近所のおじいさんが言っていた深さとおなじだ~

恐るべし、先人の知恵

いろんな資料から

液状化の心配も無く

柱状改良となりました

 

 

 

 

 

「 敷 地 」

 

函南町は仁田の

おおらかな雰囲気がある

西道路の敷地です。

 

当然、南側に家が建っているため

日当たりや風の抜けには工夫が凝らしてあります。

 

ここで、

「適材適所の羊さんの家」プロジェクトが始動しました!

どんなお宅になるでしょうか?

きっと、楽しいお宅になります!

さあこれから、お施主さんと

家造りを楽しみましょう!