とうくりの構造

家の建て方にはいろいろな工法があります!

実は、『木造』という建て方の中にもいろいろあります。

自然の力から、家族を守る!

住まいの性能に求められる性能の一つです。

ただ、構造ばかりを優先すると

住まい方やコストに影響がでます

地震や湿気が多い日本で、

どう建てるのが一番良いのか?

とうくりは、先人の知恵がつまった

昔ながらの木造軸組工法が一番と考えます。

昔ながらというと、当然本物の無垢の木で建てる家です!

昔ながらですが、現代の技術で耐震等級は、

最高ランクの『3』が標準!

地震保険も安くなります(別途手続きが必要ですが)

耐震:
とうくりの家は全棟 『耐震等級3』
数百年に一度発生する地震(東京では震度6強から震度7程度)の1.5倍の地震力に対して倒壊、崩壊しないという、耐震計算を行います。

繰り返しの地震に強い、HKSの制震ダンパーも大好評です!

地盤:
建物がいくら強くても、地盤が弱かったら・・・・・・
当然、地盤調査は100%実施します。

調査の結果では、
地盤改良をします!



こちらは、『表層改良』


地盤と基礎に10年の保証が付きます

基礎:
基礎はベタ基礎が標準です。
鉄筋の太さやピッチも耐震計算から決定されます!
防湿フィルムで湿気対策も万全!

構造体:
土台と柱は富士山で採れる『富士ひのき』です!
地元でとれる、丈夫な、かわいい『ひのき』です



土台の下は、通気用の基礎パッキン



緑の数字が強度です、普通のひのきはE90くらい


耐力壁は、筋交い

合板は、壁体内結露のリスクがありますので

とうくりの外壁周りの耐力壁は、本物の木の筋交いです

さらに、外壁の下地も本物の杉を使います



木摺り


杉が呼吸して、壁の中を調湿してくれます

建物を長く使って頂くための

『とうくり』のこだわりです!

 

金物も耐震計算により、数や強度が決まってきます

白蟻の薬剤は、

環境にも人にもやさしい、

『除虫菊』の成分のものを使います

もちろん、外壁下地の木摺りも

一枚、一枚散布します!

保証も付きます

『住宅瑕疵担保責任保険』も付きます



配筋検査



中間検査



完了検査


断熱:
最近は、省エネ・エコ・高断熱と温熱環境の話題に事欠きません、
省エネや高断熱には、賛成ですが、
断熱のメリットが上がれば、気密効果も上がり
乾燥したり、結露をしたり、心地良さが減少したり・・・
それを解消するためのコストアップというデメリットも増えます

断熱もバランスが大事、とうくりの家の断熱材は、

『フリース』『ウールのセーター』です
両方とも暖かですよね、おまけに衣服になる素材ですから、安全!



フリース(パーフェクトバリア)


ペットボトルのリサイクルです!
ポリエステル100%で
吸音・自己消火性を持ち、安全です



ウール(ウールブレス)


『ひつじ』です!
優れた調湿性・難燃性があり
乾燥が速い!

他にもいろいろ『とうくりのこだわり』があります!

自然に立ち向かうのではなく
自然と共生しながら
災害に強く、心地良い住まいを
目指したいと思います!